2019年1月16日 (水)

祖父の形見

先日の新内協会の新年会に、久しぶりに祖父の形見の指輪をはめていきました。

20190114_113449

珊瑚の指輪です。
きれいでしょう。
祖父のカフスだった物です。
左手と右手、それぞれ指輪に仕立ててもらって、妹と譲り受けました。
若い頃は
「ちょっとクラシックだなぁ」
とあまり使いませんでしたが、今はとてもしっくり馴染みます。
おじいちゃん、ありがとう。
大事に使います。

| | コメント (0)

上沼恵美子さんとは・・・

何かを検索してたら、画面に

他の人はこちらも検索

っていう一覧が出るじゃない?

今日、ナジャ・グランディーバさんを検索してたのね。

Photo

関西のオカマさんで、すごく自然で面白くて大好きなのね。
そしたら、例によって他の人は、、、が表示されました。

Screenshot_20190116134743_internet
クリックしたら大きい画像になる、と思う。



マツコ・デラックス、カルーセル麻紀、上沼恵美子、IKKO、GENKING、クリス松村、、、

上沼恵美子!?

なんでこの並びなんだろう!?
で、違和感ないのはなんでだろう!?

| | コメント (0)

スパゲティにヒヨらないひと

スパゲティに対して、何かちょっとヒヨるところがあります。
フォークに上手に巻き付けましょう、とか、それをキレイに口に運びましょう、とか、麺をチュルチュルすすってはいけません、とか。。。
なんならソースをお洋服に飛ばさないように、とかね。

今日、職場の方とお昼にスパゲティを食べに行きました。
女性のお客さんの多い、ちょっとオシャレなお店です。
注文を済ませてお喋りをしていると、ラーメンをすする音が聞こえてきました。

え!?ラーメン!?

音の主を視界に入れてみました。
30歳ぐらいの男性。
一人。
トマトソースをシャツにブッ飛ばしながら、景気よくスパゲティをすすっています。
口の周りもソースだらけです。
お隣のテーブルの女性2人は、被害を被るのを恐れてか、心なしか体を遠ざけています。
そんな事はお構いなしに、その人はゾバババババッ!と麺をすすっては、ムッシャムッシャと食べ続けています。

フォークには口に入るぐらいの麺量をからめて上手に口に運びましょう、なんてどーーーーーでも良い感じ!
見習おうとは思わないけど、ちょっとだけスカッとしました。

Fcfou_tomatososupasuta_tp_v4

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

全世界のクチャラーに告ぐ

クチャラーという言葉がある事を知りました。
皆さんはご存知でした?
クチャクチャと音を立てて食べる人の事を言うそうです。

クチャラー

大っっっ嫌い

どんなに素敵な人でも、クチャラーとは一緒に食事はできません。
なので、うっかり同席した方がクチャラーだった時の地獄ったらない。

自覚していないクチャラーが多いそうですよ。

勝手ながら、私の観察してきたクチャラーの特徴を並べてみましょう。

①お箸をエンピツ持ちする
②お箸と反対の手がテーブルの下
③だから犬食い

食事のお行儀のよいクチャラーには出会った事がありません。

全世界のクチャラーの口を何かで封じたいっ!
クチャ音を発したと同時に、ビリッと電気が走ればいいっ!
クチャ音を発したと同時にお箸の先から毒が出ればいいっ!

全世界のクチャラーに告ぐ!
口を閉じてごはん食べてくださいっ!!!

Sawa_saikyouteisyoku_tp_v


| | コメント (0)

新年会

この3連休は、新年会が2つありました。
土曜日には町会の新年会。
会場は町内の居酒屋(と言うと叱られるかな?)の2階のお座敷。
総勢15名の青年部員の集まりでした。
親しくさせていただいて、こうやって新年会にまで参加させていただけるのは、本当に嬉しい事です。
ただね、、、不味いんですよ、この店。
いまどき、不味いってあまりないでしょう?
それが、本当に本当に不味いの。
「お刺身のツマが一番美味しい」
ってぐらい不味い。
小鍋が出ましたが、いったい何してくれたの!?
という不味さ。。。

Food_yaminabe
お給仕をしてくださる方は、誰かが挨拶をしている途中でも
「あらぁ、全然召し上がらないんですねぇ!」
と大声でお皿を下げたり・・・。
だからイヤなんだよ、、、と誰かが言いました。
ほんとに・・・coldsweats01

で、気を取り直して二次会へ行こう、とスナックに流れましたが、その不味い居酒屋の板前さんも合流してしまって、
「おなかすいたから何か食べに行こう」
と誰も言い出せず。。。
しかもその板前さんの最高につまらない爆音トークに私は頭痛が始まり、何とも後味の悪い新年会でした。

成人の日は、新内協会の新年会でした。
この10年ぐらい不参加だったのですが、今年は久しぶりに伺いました。
年に1度、お家元の皆様、よそのお家の皆様とご挨拶のできる貴重な場です。
お隣の宴会場では、毎年女子大のお嬢様方のパーティです。
お振袖の色々に目の保養です。

アッという間の3連休でした。

| | コメント (0)

2019年1月11日 (金)

お好み焼き

お昼に広島のお好み焼きを食べました。
広島出身のお友達は、広島焼きとか広島風お好み焼き、と言うと嫌がります。

「これがお好み焼きやろ?」

と。
大阪出身の方はやはり

「大阪のお好み焼き以外、お好み焼きとは言わん」

とおっしゃいます。

私はどちらの出身でもありませんが、それぞれ別物の料理だと思うので、どっちでもいいです。が、お好み焼きとしたら広島のお好み焼きの方が好きです。
おそばが入っていたり、キャベツがたっぷりだったり、クレープみたいな生地だったり。
ずっと前、大阪で食べたお好み焼きを食べました。お店の人が
「触るな」
と言うので、目の前で丸焦げになっていくのをジッと見守ったのでした。
それ以来、大阪のお好み焼きは好きじゃないです。

というわけで、今日の広島のお好み焼き。

20190111_114714_2

美味しかったです。

| | コメント (0)

神田明神へお参りに

会社の数名で神田明神にお参りに行きました。
今まで、どこへも参拝に行った事がないそうで、上司が

「OK、Google!近くの神社を教えて」

と尋ねたところ、まぁビックリするぐらいお稲荷さんが多い!

Animal_stand_kitsune

なんならお稲荷さんに囲まれてる、と言っても過言ではありませんsweat01
お稲荷さんて、何となく怖いイメージがあります。
小学校の頃のお友達のお家のお庭に、お稲荷さんの立派な祠がありました。
そのお稲荷さんは、お願いごとは叶えてくれるけど代わりにものすごくイヤな事が起こる、と怖かった。
小学生のお願いごとだから、まあまあ家族や友人の力で叶う程度でしょうが、その
『ものすごくイヤな事』
が怖くて、手を合わせられずに素通りしたのを覚えています。

でも、土地の氏神様に囲まれていると思えば、そんなに怖くもないか。。。

ちょっと歩くけど総氏神様の神田明神があるので、みんなで散歩がてら行ってみようじゃないか、という事になりました。

P4026131
(画像はWEBからひろってきたので桜が咲いてます・・・)

商売の神様、と祀られているとおり、年が明けて10日も経っているのにまだまだサラリーマンの参拝者が多くみられました。
さすがです。

「商売の神様が、一番商売上手だよね」

に大笑い。
ほんとだねー!
熊手を求めようとした上司ですが、みんなに
「だったらお酉様行きなさいよ」
と言われ、
「そりゃそーだ!」
と手にした熊手を戻していました。

日中でも寒い日でしたが、ぶらぶら散歩がてらの参拝、楽しかったです。

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

ホカロン

冬の間はホカロンが必須アイテムになります。
肌着ヒートテックのインナーの背中に、貼るタイプのホカロンをつけていますが、先日買ったホカロンが、貼らないタイプでした。
よく見ていませんでした。

100000001001657927_10204

が、これはこれで、ポケットに入れておくと手が嬉しい。
手に握っていたりポケットに入れたり、熱があちこちに移動できるので便利です。
なんだけど、やっぱり背中というか腰あたりを温めたい。
体の要と書く腰を温めると、全身が温かくなるんでしょう?

というわけで、やっと気づきました。
ホカロンは貼るタイプと貼らないタイプ、両方必要だって事です。

オフィスが、デスクワークが多いせいもありますが、足元がヒエヒエなんです。
あと、掃き出し窓が近くにあるので、そこからの冷気がすごい。

ので、貼らないタイプはひざ掛けの下に忍ばせておくと快適。
貼るタイプは肌着インナーの腰に。
これで完璧!

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

今日のお昼ごはん

お弁当をさぼったので、近所のスーパーマーケットのお惣菜を買う事にしました。

20190108_123221

サラダを最初に手にしました。
そのあと、これも美味しそう、これも美味しそうと手にしたのが、ひじきと鯵の南蛮漬け。

会社の人に「晩酌のアテか!」と笑われました。

おいしかったもん。。。

| | コメント (0)

前髪に・・・

またやってしまった。。。

20190108_092529

前髪に、、、

こいつを、、、

くっつけたまま、、、


最寄り駅の途中まで行っちゃったもんね!
自転車でビューンと。。。

気を付けます。。。bearing

| | コメント (0)

«松屋デビュー