2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

100万人のキャンドルナイト

無料ブログはココログ

« 韓国~その2~ | トップページ | 韓国~その4~ »

2005年11月22日 (火)

韓国~その3~

初日は朝も早かったせいか、二人ともグッスリ休み、翌日!
2日目の朝は9時に汗蒸幕(ハンジュンマク)のお迎えがホテルに来るので、それより前に朝ごはんを食べに、近所のお粥屋へ行きました。
明洞栄養粥店(だっけか・・・?)にて、わたくしアワビのお粥をいただきました。
DVC00012
例のごとく、白菜のキムチ、イカのキムチ、水キムチ等が並び、ゴマたっぷりのお粥さんが運ばれてきました。
もんだ海苔、ゴマ、タマゴの気味が乗ってました♪
卵の黄身が日本のよく見るのより、小さくて黄色い!
いつも見慣れた卵の黄身って、も少しやまぶき色だったなぁ、、、なんて思いながら、混ぜ混ぜしていただきました。
店内には「日本語のパソコンあります。お友達や家族にメールしましょう」なんて張り紙。
へへ・・・メールしたいけど、アドレス知らないもんね☆
などと親切を踏みにじりつつお粥さんいただきました。

さて、9時の待ち合わせはホテルのロビーの円形の椅子です。
どうやら同じくピックアップを待っている観光客がたくさんいます。
「○○さぁん、いますかぁ?」と次々と周りが外出していく中、うちの運転手だけが来ません。
「奴め!遅刻かいっ!」
「待ち合わせ、ココだったよね?」
等とグダグダ言っていると「Tさぁん、Sさぁん!」とお迎え!
なぜか勝手に『小さいショボいオヤジ』が来ると思っていたのに、思いの他ガタイの立派なおじさん(笑)
向かった先は『汗蒸プラザ』というとこ。外国人専用らしい。

まず、メニューで自分のコースをチョイス。
私達は基本コース(汗蒸幕+垢スリ+マッサージ+シャンプー)にヨモギ蒸しと産毛抜きをチョイスし店内へ。他には石膏マスクとか、全身指圧とか興味をそそるメニューもあり。店内は非常にキレイ!
「下着も脱いで、このガウンを着て帽子をかぶってください」
との指定通り、「え?パンツも脱ぐって言ってた?」とオドオドしながら着替え。
水泳キャップ(メッシュタイプ)のようなカッチョ悪い帽子も装着!
「まじゅ最初にうぶげぬきでしゅぅ!」の案内に導かれ、診察台のような簡易ベッドに横になる。糸2本を産毛にからめてブチブチッと一気に抜くんだけど、結構痛いんだこれが・・・。
10分そこらで産毛抜き終了。
「あぁ痛かった!」と施術してくれたオバチャンに言うと
「毛だからね!」と一言。そりゃそーだ。。。
顔中ヒリヒリになりながら、隣の部屋へヨモギに蒸されに。

ここではガウンからテルテル坊主のような筒状の胴着に着替える。
胸の上あたりがゴムになってて、裾はひきずるほど長いの。
顔はヨモギエキスでマッサージしてペットンペットンになったとこにガーゼを当ててもらって、
胸まで隠していた胴着の中に頭までスッポリ入って、頭の上に来たゴムのとこをくくられていよいよヨモギ蒸し開始!

便座のように中央に穴のあいた椅子に座って、下から電熱器のようなので蒸されるヨモギの蒸気を股間に当てるわけです。

が、あっちーのなんの!!!
「熱っ!」と動くと、担当のおばちゃんが電熱器の温度を下げてくれる。
股間焼けたかと思ったし!

ヨモギ蒸ですごい汗をかいた後はいよいよお待ちかねの汗蒸幕!
これは高温の大きなドームの中に麻の袋をかぶって入るの。
これもすごい汗!
サウナよりも熱いので、呼吸もソーッとソーッと鼻でしてるような状況。
そんな中!
そんな中ですよ、お客さん!


プ~っ!


NO!!!
この状況下でオナラNO!!!
堪忍してっ!今、呼吸を乱したくなかったの!!!
みんな麻の袋を頭からすっぽりかぶってるはずだから、こっちが震えてるのは見えないとして、でも声を出さずに笑いを堪えるのって苦痛。。。
円形のドームの中、私は右奥、友達は左奥、そして同時ぐらいに入ってきた人はセンターあたりにいたはず。で、後から入ってきた人が麻のゴソゴソ鳴る音からすると私の左後ろにいると思われ、プ~っ!の音は確かに左後ろから・・・。

あまりの笑いに呼吸が乱れ、これ以上肺に熱気を入れられない!と急いで麻の袋をつかんでドーム脱出!
寸時違えず友達も脱出してきた。近くに犯人がいたら悪いので、「その件」については一切触れず。。。
でも、後から「あのオナラつらかったねぇ」と話したら
「聞こえたよ~!もぉ堪えられなかった!!!あの前に係のオバチャンが、ドアの向こうで思いっきり鼻をほじってるの見たからさぁ、もうダブル攻撃だよ!」
と、彼女は彼女なりに苦痛に耐えていたのでした。

この後、ヨモギ風呂、緑茶風呂に入り垢スリ、全身オイルマッサージ、キュウリパック、シャンプー、サウナで終了した汗蒸幕でした。

« 韓国~その2~ | トップページ | 韓国~その4~ »

コメント

お帰りなさ~い♪
オナラ、笑えました!
でもその状況でオナラに遭遇したら苦しそ~。。

韓国旅行は、食あり、美ありで盛りだくさんですね。
在日の韓国の女性の肌、本当にきれいです。
長年食べ続けているキムチのおかげなんでしょうね~。

で、おみやげは?

なおっちゃん様
 苦しかったよ。あんな大量の熱気を肺に入れて、よく無事だっ  たと冷え冷えする思いです。韓国女性の「美」に対する思いい  れはすごいですよ。お肌もだけど、髪のキレイな人が多かった。 おばちゃんになると突然パンチパーマ当てちゃうからチリチリに なっちゃうんだけどね(笑)

St.john様
 お土産は 無事故でいいの お父さん
                            (By警視庁)

イッポン!

ありがとうございますん

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国~その3~:

« 韓国~その2~ | トップページ | 韓国~その4~ »