2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

100万人のキャンドルナイト

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

とにかく読んでください

ほぼ日で紹介されていた『被災地で働いた看護師さんのブログ』です。
糸井さんが「とにかく軽い気持ちでもいいから読んでみて」と書いてらしたので、本当に軽い気持ちでドレドレと読み始めました。
朝の通勤電車の中、看護師さんの普通の言葉で書かれた日記に、涙がポロポロとこぼれました。
花粉症のせいにして涙を拭いました。

『現場ではどんな状況下においても絶対に泣かないこと。
私達は同情しに行くんじゃない。看護、医療を提供しに行く。あなたたちが泣きたい気持ちなんかより現地の方々はどんなに泣きたいか。こんなに裕福な東京医療チームの涙なんて現地の人には迷惑や嫌味だからね』

リーダーに言われた言葉、この後、悲惨な現状を看護師さんは普通の言葉で伝えてくれています。
現地に行って活動していない私達は、彼女達の思い、現地の方々にどうやったら心を寄せられるでしょうね。
物がふんだんにあって、屋根があって壁があって、夜はパジャマに着替えてあたたかい布団で眠る私達が、なぜウロウロと情報に右往左往するのか、少し考えてみる必要があると思いました。

食べすぎ月曜日

最近は食べる量に気をつけた暮らしをしているのに、昨日は食べ過ぎました。
体重計が厳しい現実を示しました。
そりゃそーだ・・・。

と、反省の意味も込めまして昨日の美味しかったもの。

Dsc_0074

お昼は籠やのごまおうどん。
ちりめんじゃこと梅のおむすびにガッつき、おうどんのおつゆもたくさんいただいちゃった。
うみゃいうみゃいと食べ終わったら、胃がパンパン!!!
消化するために午後はやたらと歩き回る事に、、、。
歩き回れる仕事でよかったよー。

で、夜はザルコちゃん(ザルの如く飲んでも飲んでもまだ飲む事から命名)とザルコちゃんの後輩のRちゃんのお誕生日祝い。
28歳になるRちゃんのお誕生日、なぜかこういうメニューでお祝いしました。

Dsc_0076
サザエさん&長芋の太鼓焼き
「うち、サザエめっちゃ好きなんですぅ!」
って言ってくれて、プレゼントのポーチも喜んでくれてよかったー




Dsc_0075
芋好きのお姉ちゃん達は、こんなジャガバターも食べてみました。
ジャガイモって、なんてこんなに美味しいのかしら!?
塩辛を乗せるのは北海道風って、前に誰かに教わったよ。
すばらしい!!!
と、飲んだり食べたりしてしまいました。

今日もまた宴会があるので、朝は豆乳だけにしました。
お昼も軽く済ませなくっちゃね。
夜はレバ刺とか行っちゃうんだもーん

反省してるような懲りてないようなワタクシでした。

2011年3月25日 (金)

金曜日!

バッタバタの金曜日を迎えました。
ゆ。が教えてくれた豆乳に初挑戦してみました。
豆乳って、オェーーーーーーーー!のイメージしかなく、スタバのソイラテも苦手な私ですけど、これはイケました!!!

Dsc_0068

博多あまおうの豆乳!
甘いイチゴ牛乳です。
後味に豆乳の雰囲気がありますけど、気になりませんでした。
おいしかった!

昨日の帰りは気分の麦芽コーヒー豆乳と買ったし、さっきゆ。が杏仁豆腐豆乳をくださいました。
チャレンジだ!チャレンジ!





で、お昼は絶対に外に行きたくて、例のごとくティーヌンに行ってガパオをいただきました。

Dsc_0069


ダイエットの成果か、ごはん半分残りました。
おなかパンパン!
これで午後もモリモリ動けるってもんです!
なのに、とあるエクセルをメンテしなきゃいけないので、寝ないように頑張りましょう!

週末は親戚のお通夜&葬儀です。

2011年3月23日 (水)

地震

やたらと原子炉に詳しくなったり、東北の地名に詳しくなったり、この2週間でずいぶんと意識も知識も変わった。
小田急線が車内の電気を消して走行しているのも、駅ビルの照明が少ないのも、エスカレータが動いていないのも、全部OKです。
今まで、過度だったんだよね。
やたらと明るく、やたらと動力使って、やたらめったらにピカピカさせてた。
節電で、今こういう状況になって、これでも十分じゃないの!
って思う人、多いんじゃない?
ベビーカーをみんなで助けたり、暗くてぶつかって「すみません」ってお互いに言い合ったり、なんだ!やたらと明るかった時より、ずっと思いやり溢れてるじゃないの!

このまま節電モードを続けちゃえばいんだ。

2011年3月22日 (火)

親子がま口

ずっと欲しかった親子がま口、やっとかわいいのを見つけました。

Dsc_0061

Dsc_0063









ガマ口の中に、も一つガマ口が入ってるの。
祖母が「おつかい用」に使っていたのね。
それで「いいなぁ、こういうの」と思ってたんです。
今までビミョウな柄のは売ってたんだけど、これはカワイイ!
見通しの良いように蓮ですよ!
地の茶色もステキだし!
これ、私も会社でお弁当やオヤツ買ったり、おつかいする時に使うお財布にしようっと!
お札と小銭だけ入れるんだ♪

クマちゃんたくさん!

⑦CHが関西から、たくさんクマちゃんを買ってきてくださいました。

Dsc_0064

どうもありがとう!!!
伏見のお酒なんて、一升瓶かかえちゃってるよ!
ねじり鉢巻で!




お昼ごはん済ませたとこへ地震。
またビルがゆーらゆーら揺れました。
揺れがおさまっても、まだ揺れているような感覚。
食後の揺れが気持ち悪い。。。おえー。

2011年3月21日 (月)

沖縄のすてきなホテル

のんびり行きたいと思っていたザ・ブセナテラスに泊まりました。

Okinawa_031

エントランスロビーは、大きな扉を海に向かって明け放った解放感!
スタッフは白いシャツにサンドベージュのパンツ。
逆だったっけか?
とにかくリゾートホテル!ってユニフォームです。

Okinawa_032

Okinawa_035





通されたお部屋は連泊するせいか、建物の一番端でした。
ここちよい外廊下も好ましい!

Okinawa_099写真は夜撮ったんだけど、この壁の感じ、沖縄に来た~!!!って盛り上がります。





Okinawa_047

白をベースにしたお部屋の素晴らしさ!
オーシャンビューです。



Okinawa_051

テラスには、のんびりくつろげるようなチェアセット。
目の前に夕日が沈むのを、ここから眺めました。



Okinawa_167

ちなみに夕日、こんな感じです。
津波が沖縄の海に来るというので、ビーチにも出られませんでしたが、この美しい夕日を眺めて、心静かに夜を迎えるのはとてもステキな気分でした。

Okinawa_043

バスルームはシャワーブースとバスタブがそれぞれあって、お手洗いと洗面があります。
広々していて、リゾートのバスタイムも楽しませてくれました。








Okinawa_054アメニティはロクシタン!

使うのもったいなくて、貧乏性丸出しでお土産に持って帰ってきました。



Okinawa_057

ロクシタンの大きなソープも置いてあるんだもの!!!

なーんてステキなんでしょう!
連泊している間、ずっと補充してくださいました。
ありがとうございます。

Okinawa_052

Okinawa_044






ステキですねぇ
天井がたかくて、ファンが回っているのもリゾートっぽくてよかった!!!

Okinawa_102

お部屋からプールを見降ろしてみました。
写真の左は海です。



Okinawa_095

敷地内には、みみずくかな?ぼんやりと道を照らしてくれる置物がたくさんありました。

夜の闇と、ほんの少しの明かりが、俗世界から隔離してくれるようで、心地よかったです。

Okinawa_094

ふくろう?
みみずく?
夜道の番をしてくれた明かり。


沖縄ごはん

沖縄の第1食目、何にしよう!
と、まずは沖縄そばを食べる事に。
ガイドブックに載っていた、ドライブコースの途中のお店に立ち寄ってみる事にしました。

Okinawa_013「やぎや」さんというお店。
通りには小さな看板があるだけで、その路地の奥の民家の並びに突然お店はありました。




Okinawa_015

なんと登録有形文化財のおうちで、おそばを頂けるのです。




Okinawa_016

Okinawa_017

Okinawa_018








これぞ沖縄の住宅!といった風情の建物は、漆喰で塗り固められた瓦が太陽を跳ね返して、白々と清々しいです。

お座敷に上がって、沖縄そばと「今日のランチ」の豆腐チャンプルー定食をオーダー。
すると「今日はジューシーが終わっちゃったんです。おむすびでもいいですか?」と。
うーん!せっかくでしたが残念!

Okinawa_019

Okinawa_020






小鉢のもずくが、シロップ!?と思うぐらい甘かったんだけど、他は最高!!!
チャンプルー定食にも小さなおそばがついてきて、大満足!!!

この日の夜は、ホテルに入ったあとしばらくNHKを見たり、連絡を取り合ったりした後、ホテル近くの居酒屋さんへ。

Okinawa_077
どなんちゅ食堂へ。





Okinawa_062まずは島らっきょうの塩漬け。

塩漬けというか、、、ほぼ生。

エシャレットみたいにシャリシャリいただきました。

これはこれで美味!

Okinawa_065
珍味3点盛り合わせ。
手前からミミガーのあえもの。
スクガラスと島豆腐。
もずく酢。


Okinawa_066

ぐるくんのから揚げ。
かさごの一種なので、白身が美味しいです。
頭からバリバリ食べられます。


Okinawa_069
初のフーチャンプルー。
この出会いから、フーチャンプルーの大ファンになってしまいました。
市場では、お麩をたくさん買いました。


Okinawa_072

Okinawa_073










お伴はもちろん「おじい自慢のオリオンビール♪」
豆腐ヨウももちろんいただきました。
台湾のより匂いがなくて食べやすいね。


お店までタクシーで行ったんだけど、ものすごく近かったので、帰りは歩いて帰ることに。

翌朝はホテルのビュッフェで朝ごはんでした。

Okinawa_105

オムレツとパンケーキのシェフ。
好きな具でオムレツを作ってもらえます。
この日のパンケーキはシークワーサー風味でした。


Okinawa_106

Okinawa_107

Okinawa_108

Okinawa_109












ホテルメイドのパンが充実していて、朝はサラダとたっぷりのパンをいただきました。
バター、マーガリン、各種ジャムも充実していて、こちらも大満足。
このレストランの朝食ビュッフェは、特に沖縄っぽいお料理はありませんでしたが、トロピカルフルーツのフレッシュジュースがたくさんありました。

さて、国際通りにある市場に行った時の買い食いを白状しましょう。

Okinawa_124「今、揚げたてよー」

という声につられてサーターアンダギーを買いました。
なんと1つ40円!
揚げたてって初めてで、今まで食べたサーターアンダギーの油っぽさなんて、全くないの!
袋いっぱいに買って持ち歩きたいぐらい美味しかった!!!

Okinawa_133沖縄ならBLUE SEALのアイスクリーム。
チョコミントに黒糖のアイスクリームにしました。
おいしぃ!!!
美味しいけど、重いっ!w



二日目の夜は、前夜とは反対方向にある「海物語」というお店へ。
ここはタクシーの運転手さんも太鼓判を押す「美味しいさー!」なお店。
なんと着いたらライブやってました。

Okinawa_177この日は、ターバンズというバンドでした。

普段は4人で活動されてるそうですが、今日は2人だけ。

沖縄の衣装で、三線と太鼓で沖縄民謡をたくさん歌ってくださいました。

指笛の鳴らし方、踊りを教えてくださって、お店の中で他のお客さんと一緒に盛り上がって踊りました。

このお店の内装がステキでしたよ。

Okinawa_176シャンデリアが、ぜんぶお酒の瓶!!!

ちょっとステキですね。

私の席の真上は、サントリーの角の瓶だらけ!!!



Okinawa_191同じ瓶で揃えるのもカッコイイですね。

こちらでも「おじい自慢のオリオンビール」をお伴に沖縄三昧です。




Okinawa_185

沖縄近海物のお刺身盛り合わせ。
海ぶどうが、いいアクセントになります。
どれも新鮮で、プリップリの身が美味しかったー!!!


Okinawa_182

今日は島らっきょうは天ぷらでいただきました。
これも美味しい!!!
匂いはほとんどないです。
あ、、、その後は知らないけど・・・


そして、最後に食べたのは、道の駅でいただいたタコス。

Okinawa_288

道の駅だから・・・なんて思ったら大間違い!
もんんんんんのすごく美味しかった!
皮が、もっと堅いかと思ったら、サックサクでソースに当たったとこはフニャっとして美味しかったです。
沖縄食べまくりでした。

2011年3月19日 (土)

そろそろ沖縄のことでも・・・

3月11日から沖縄に行ってたんだ。
天気予報は曇りだの雨だのって言ってたけど、晴れ女の私に雨なんて降るはずないという根拠のない自信のとおりの晴れ
那覇空港からレンタカー屋さんに直行し、早速ドライブへ出発!

まずは平和記念公園へ。

Okinawa_002おばあがお花を売ってたので、早速お線香と一緒に買って、戦争によって命を落とされた方 の慰霊碑へ。
展示室に行き、かの戦争によって沖縄がどれほどの傷を受けたのかを初めて知りました。
『鉄の暴風』って知ってる?
私は初めて知りました。
米軍による、まさに地獄のような攻撃が沖縄を焼きつくし、爆破し、人々の命を、奪いました。
展示されている写真、文章、涙があふれて止まりませんでした。
こんなひどい目に遭った人たちに、今、日本はまだ犠牲を強いようとしているのでしょうか?
政治の事は分からない、沖縄の基地の事?分かんないわ、なんて言っていられない事実が目の前にありました。

Okinawa_011砲撃によって、地形が変わってしまったんです。
海からの攻撃の跡が、今も目の前にありました。
浸食されたような崖のくぼみ。
こんな形にしたのは戦争でした。



Okinawa_007

Okinawa_009_2

Okinawa_003









どうか、戦争なんて起きませんように。
今も世界には争っている場所があり、子供やその母や父や、家族や友達が涙を流す事を 私たちは忘れてはいけないのです。
この後、海軍司令部壕にも立ち寄りました。
沖縄戦で大日本帝国海軍の司令部として使用された防空壕で、ここで司令部の方々は自決なさったのでした。
大田実海軍中将が自決する前夜、海軍次官に宛てて打った電報が、胸を打ちました。
ここに現代語に訳したものを残しておきます。
どうか皆さんにも読んでほしいと思います。

沖縄県民の実情に関して、権限上は県知事が報告すべき事項であるが、県はすでに通信手段を失っており、第32軍司令部もまたそのような余裕はないと思われる。県知事から海軍司令部宛に依頼があったわけではないが、現状をこのまま見過ごすことはとてもできないので、知事に代わって緊急にお知らせ申し上げる。

沖縄本島に敵が攻撃を開始して以降、陸海軍は防衛戦に専念し、県民のことに関してはほとんど顧みることができなかった。にも関わらず、私が知る限り、県民は青年・壮年が全員残らず防衛のための召集に進んで応募した。残された老人・子供・女性は頼る者がなくなったため自分達だけで、しかも相次ぐ敵の砲爆撃に家屋と財産を全て焼かれてしまってただ着の身着のままで、軍の作戦の邪魔にならないような場所の狭い防空壕に避難し、辛うじて砲爆撃を避けつつも風雨に曝さらされながら窮乏した生活に甘んじ続けている。

しかも若い女性は率先して軍に身を捧げ、看護婦や炊事婦はもちろん、砲弾運び、挺身斬り込み隊にすら申し出る者までいる。

どうせ敵が来たら、老人子供は殺されるだろうし、女性は敵の領土に連れ去られて毒牙にかけられるのだろうからと、生きながらに離別を決意し、娘を軍営の門のところに捨てる親もある。

看護婦に至っては、軍の移動の際に衛生兵が置き去りにした頼れる者のない重傷者の看護を続けている。その様子は非常に真面目で、とても一時の感情に駆られただけとは思えない。

さらに、軍の作戦が大きく変わると、その夜の内に遥かに遠く離れた地域へ移転することを命じられ、輸送手段を持たない人達は文句も言わず雨の中を歩いて移動している。

つまるところ、陸海軍の部隊が沖縄に進駐して以来、終始一貫して勤労奉仕や物資節約を強要されたにもかかわらず、(一部に悪評が無いわけではないが、)ただひたすら日本人としてのご奉公の念を胸に抱きつつ、遂に‥‥(判読不能)与えることがないまま、沖縄島はこの戦闘の結末と運命を共にして草木の一本も残らないほどの焦土と化そうとしている。

食糧はもう6月一杯しかもたない状況であるという。
沖縄県民はこのように戦い抜いた。
県民に対し、後世、特別のご配慮を頂きたくお願いする。

Okinawa_142






今回の沖縄の旅は、事実を知るところから始めました。
そして、私たちが沖縄の過去に涙を流している頃、東北では大きな地震が起きていました。

次の記事からは、遊んでばっかりの沖縄を紹介しましょうね。

2011年3月17日 (木)

募金

昨日、郵便局から募金をしてきました。
振込先のメモをデスクに置いてきてしまったので、窓口の方に伺いましたら、

「よろしければ使ってください」

と、振込先を記入してある振込用紙をくださいました。
それも手書きで1枚1枚書いてありました。

ただそれだけなんですけど、なんだか心がほっこりしました。
みんなで災害に向かっているような気がしました。
振り込んだ額は少額ですが、お給料もらったら、また振込みに行こうと思います。
少しずつでも、何かに参加しているのは気が楽です。
一日も早く、被災された方々が寒い思い、ひもじい思いから解放されれば・・・と思います。
そして、だんだん家を建てたり、仮設住宅に入ったり出来るようになればいいと思います。

なのに、いまだに買占めが起きているようです。
それも車に乗って、あちこちのスーパーマーケットを回って買い占めるのだそうです。
一体なんのため?
普段からそういう買い物の仕方してるの?
買い物に行く為にガソリンがいるの?

疑問だらけです。

2011年3月14日 (月)

八戸

八戸でお世話になった方々、ガイドして下さった前澤さんはご無事だろうか?
どうか、皆様ご無事でありますように。
テレビで見る映像が辛すぎる。

みんな大丈夫?

金曜の朝から沖縄に行ってました。
ホテルに向かう高速のSAで、地震の事を知りました。
ツイッターで、みんなが「地震!」って言っていたけど、こんなに大惨事が起きているとは知らなかったのです。

ホテルに入るなり、NHKを見っぱなしでした。
津波が街を襲う様子、避難した方々、家族と連絡が取れない方々、本当に胸が痛みます。
自分が遊びに来ているのが、罪悪感となりました。

後日、写真はUPする予定ですが、今はどのタイミングでUPしようかな?と迷います。
UPすべきか、否か。。。
このブログは個人的な物だし、私の記録としてUPするのは構わないだろう、でも、非常識じゃないかな?
とかね、あれこれ考えます。

先週、八戸に行ったばかりでした。
訪れた場所が大波に飲まれている様子を見て、あの時お世話になった方々のお顔が浮かびます。
どうか、みなさん御無事でいらしてください。
こちらも節電、義援金、がんばりますから、そちらも頑張って生きていてください。

2011年3月 8日 (火)

本棚のこと

我が家の本棚、そろそろ増設すべきなんじゃ・・・?
と思っている今日このごろです。

Dsc_0042

左側の棚が1,800×1,800というサイズなんだけど、こいつをもう1つ増設しようか?と思っています。
壁一面が本棚になっちゃうけど、しゃーないな・・・。
本もCDも増えるもんねぇ。。。

八戸の旅(スマフォン写真編)

私たちの出発日が“はやぶさ”の運転開始日だったので、ホームには早朝にも関らず、大勢の撮り鉄さん、録鉄さん、がいらっしゃいまして、あまりにみなさんがパチパチと写真を撮っていらっしゃるので、私もマネして撮ってみました。

Dsc_0030_2

新幹線ってテンションですよねー。
飛行機と船と同じぐらい上がります
大宮を出発いたしますと、次の停車駅は仙台、仙台でございます、
という車内アナウンスにも小躍りしたい程の喜びようでした。

Dsc_0032_2

ここはかつてクジラ漁で栄えた鮫町(なぜクジラで鮫!?)にある葦毛崎展望台から眺めた海です。
展望台の案内によると、この向きはホノルル方向だそうです。
見えますか?

・・・

どうでしょうか

八戸にいらしたら、ぜひイカと鯖を召し上がってください。
それには本八戸にある『鯖の駅』というお店がバッチリです。
そこでいただいた鯖のお料理の素晴らしさを、私の筆では表現できないのがツライです。

Dsc_0033_2

Dsc_0034_2

Dsc_0035_2








まずはエビスの生ビール。
そして三点盛りは、〆鯖、鯖の味噌漬け、最後に鯖の漬け。
味噌漬けは初めていただきましたが、本当に美味しくて塩っぱくなくて、この1切れで生ビール2杯いただけましたよ♪

さて次は八食センター。
主に海の物を安く売っている市場です。
ほっけ、鮭、ハラス、カニ、鱈、貝類、わかめや昆布の乾物もすごく安い!
素晴らしいのは、市場で買った商品を200円払ってバーベキュウみたいに焼いて食べることができるってことでした。
これを知らずに、先に市場内のお寿司屋さんへ行ってしまった私達は、このシステムを知った途端に完全に敗北感に見舞われました。
次回は利用しよう!

で、そこかしこに休憩できるスペースがあります。
それがとても良かった!
休憩時にちょっとおやつを・・・。

Dsc_0037_2
リンゴソフトクリームでーす。
クリーム部分があいすくりんみたいにザリザリしてて、これがリンゴの甘酸っぱさととてもよく合います。

Dsc_0038_2
帰りの新幹線で食べようと買い込んだ、地元の牛のタンを使ったコロッケ、にんにくコロッケ、他なんだっけ?

スマフォンで撮ってた写真が放置されそうだったので、スマフォン編を書いてみました♪

今日のお昼ご飯

ごはんとおかずの『定食』ぽいのが食べたいっ!
と言っておきながら、実際いただいのはコレです。

Dsc_0043

THE・讃岐うどん!
毎度おなじみ『おろしぶっかけの温かいやつ』です。
そこに生姜のおろしたの、おネギさんたっぷりのせて、別皿には当然の如く『ちくわ天』が鎮座まします。
かしこみ、かしこみ!

やっぱり讃岐うどんて美味しいですね
週1でもいい。いや、もっとでもいいなぁ。。。

2011年3月 7日 (月)

午前中から雪が降っていて、今も少し降っています。


八戸より寒いやんけっ!


独り言ですけどね。。。
なぜか体中が筋肉痛です。
特に腕がひどいです。
なんでしょうか?

パン

Oisixで、かわいいパンを売っていたので買ってみました。

Ss18763_140_1
あははー!
かわいいゾウさんパンですね。
中はミルククリームだそうです。
かわいーー!!!
うさぎさんパンもありましたが、食べられる分だけ買いましょう。

他にも大真面目なパンを買いました。

Ss15477_140_1

Toku_110303bread_cate01_photo1

ぶどうパンに、フランスパン。
美味しいバケットを買えるお店が近所になくて、悶々としています。
評判の美味しいというお店は、どうやら私の行ける時間には閉店しているらしい・・・。
いつ行ってもシャッター降りてるって事はそういう事だよね。
しかも閉店した雰囲気じゃないしね。
来週明けに届きます。
楽しみだな♪

2011年3月 6日 (日)

八戸へ

JRの旅市でやってるキャンペーンに当たりまして、八戸に行ってきました。
東北方面て、あまり行く機会がなかったので、かなり楽しみにしていました。

20100305_007






折しもはやぶさスタートの日というのもあって、東京駅は早朝から「駅弁大会」を開催していて、旅の雰囲気も盛り上がります。
で、買った駅弁がこちら!

20100305_001

20100305_002


20100305_005

20100305_003















東京駅を出発したはやて(え!?はやぶさじゃないの!?)が、上野を過ぎたあたりでお弁当を開きました。
どちらも美味しかった!!!
東京弁当は、東京の老舗のお料理を詰め合わせた贅沢なものでした。

車窓の景色が、だんだん雪の白さに変って行き、雪はイヤだなぁ、なんて思っていたら、八戸ってとこはあまり雪が降らないんだそうですね。
「太平洋側だからね」
と、土地のガイドさんがおっしゃいました。

20100305_008
八戸の駅は、とても新しくてピカピカでした。

そこから、まず昔の船主で財をなした方が建てたお家へ。
海扇館というその建物は、とにかく贅を尽くした、なんだけど素朴さも残してあるような建物でした。

20100305_010

お座敷の明かり取りだって、こんなに美しい細工が施されています。



20100305_011

床柱の立派なことったら
そして、柱と梁の大きさが、ハンパないです。
現在、運送会社が土地と建物を買い取ったそうですが、当初トラックの駐車場にするために、この建物も壊す予定だったそうです。
それが、あまりに立派な建物に「残そうじゃないか!」という運動もあり、こうして遺されているそうです。

20100305_012

立派でしょう?
この大きな柱は1階部分をしっかり支えていました。
2階は、お客さんが泊まれるように、宿屋のような作りでした。
各部屋に床の間がしつらえてあり、商談もできるような立派な応接間もありました。
この日は、お座敷の1つで、おチビちゃん達のお茶会が開かれていました。
袱紗を上手に使って、おもてなしするお嬢ちゃん達がとてもかわいらしかったです。



20100305_013
館主のおばあちゃまが「どうぞ召し上がれ」と出して下さったのが、八戸で取れる鯖でした。
しめサバに、塩焼きです。
「この後みなさんお食事にいらっしゃるんでしょう?いつも出し過ぎて、“お昼食べられませんでした”って言われちゃうので、ほんとうにちょっぴりで悪いんですけど・・・」
と笑う館主さんとガイドさん。
ちょっぴりだからこそ美味しさも倍増です。

海扇館を後にして、お昼ごはんをいただきに俵屋さんへ。
ここでは、ばくだん丼というのをいただきました。

20100305_038 八戸はイカと鯖、イワシなんかが取れるそうです。
ばくだん丼は、イカをサイの目にカットしたのと、イクラに卵の黄身を混ぜ混ぜしていただきました。
イカの弾力が素晴らしくて、とても美味しい丼でしたが、さっきの鯖もあり、最後はご飯を残してしまいました。
量が・・・量が・・・

ここで運命の出会い
八戸名物のせんべい汁と出会ってしまったのです。

20100305_040

これは鯖でお出汁をとってあるそうです。
今はシャモロックというブランドの鶏で取ったりする方が多いんですって。
が、昔は鯖だったそうです。
入っているおせんべいは、知っていた南部せんべいとはちょっと違ってました。
塩味のおせんべいなのね。形は南部せんべいですけど。
お麩みたい?と思っていたんだけど、全然違うの。
もっちりもっちりを噛みごたえがあって、はまった!
この出会いから、1泊2日の間に4度もせんべい汁をいただく事になりました。

さて、続きはまた。。。

2011年3月 4日 (金)

お雛様

早いねぇ
もう3月3日になりました。
月次の締めも、そんなに問題なく処理できているので、とっとと会社を出ておひなさまの食事を作ることにしました。

まずは菜の花をサッと茹がいて、からしあえを作りました。

Dsc_0024

菜の花の苦みがからしあえで、とても良い香りになりました。





Dsc_0022

鮭のハラスも焼きました。
皮がパリパリで身がジューシーで、つくづく私はお魚焼くのが上手だな、、、と自画自賛



Dsc_0025

菜の花の残りは、はまぐりのおつゆに浮かべてみました。
本当は浮かべるんじゃなくて、はまぐりの添えたかったんだけど、美味しくできたおつゆをたっぷり注いだら浮いちゃった



Dsc_0023

ちらし寿司は買ってきました。
菱餅型の器に入っていて、かわいいのでそのまま出しました。
海鮮ちらしだね。

帰りに寄ったスーパーマーケットには、はまぐりがかなーり品薄でした。
最初「もうない!?」と思ったの。
で、あちこち探したら、普段貝を並べていないところに、ほんのちょっぴり並んでました。
セーフセーフ
あとは、大きなはまぐりが数個でおしまいだったよー。

お雛様のお人形さんはいないけど、気分だけね
小さな絵皿があるんだけど、どこにしまったか分からなかったので出しませんでした。
・・・?
出せませんでした、の間違いですね

季節のしつらえを、お家の中に施すのって、とても楽しいです。
今日も花粉で目がかゆかったー!
鼻にはそんなに来ていないので、まだしのぎやすいです。
これからかなぁ・・・。こわっ!

2011年3月 3日 (木)

えびせん

昨日、えびせんを買って帰りました。
かっぱえびせんではありません。

Dsc_0020 これです。
かのSおばちゃんの大好物のえびせんです。
揚げる前って、紙せっけんみたいでキレイです。
黄色、オレンジ、ピンク、グリーン、薄くてキラキラしていて、このままディスプレイしたいぐらいカワイイ


しばらく眺めて楽しんだので、さて揚げてみましょうか。

190度高めぐらいで揚げましょう。
数秒で揚がっちゃうので、入れすぎは禁物です。
2~3枚ずつ丁寧に揚げます。

Dsc_0021
ほら揚がった!
お塩を軽く振って、おやつの出来上がり
揚げる前よりも、色がやんわりなってサックサクのえびせんになりました。

2011年3月 2日 (水)

夢占い

昨晩は、大好きな兄ちゃん3人と遊びました。
兄ちゃん達は偉い人ですが、ゲラゲラと大笑いしたりして楽しい兄ちゃん達です。
居酒屋⇒カラオケスナック⇒お寿司屋
という、想定した最悪のコースを辿り、夜中の新橋でお別れしました。

「居酒屋でやめような」
「カラオケやめような」
「お寿司屋とか、ほんとやめような」

って言ってたのにねー。
楽しかったから、いっか


さて、そんなわけで夜中に帰宅し、お水をたくさん飲んでシャワーを浴びて寝ました。
そしたらね、ヘンテコな夢を見ましたよ。
鼻血が止まらないの。
手で鼻を押さえるんだけど、噴きだすようにドックドックと鼻血が出るの。
そこいらじゅうが血だらけになって、顔に流れた血も固まって、ものすごく気持ちの悪い夢でした。

で、夢占いを見てみたのね。
そしたらこんな事が書いてありました。

周囲からの評価を期待していたり、周りよりも優位に立てる環境を望む気持、高いプライドがココロの中にあるようです。向上心があり意欲的な良い状態で何事にも取り組める時でしょう。頑張りは大きな成果となり経済的にも反映されそうです。ただし過大評価は自信を失うきっかけとなりやすいので冷静に自分を見つめた行動を!

だって!
別のサイトを見てみたら・・・

血の流れは物事の変化による利益や損失を暗示します。気力や体力の増減、金銭の出入り、利害など、あなたの社会生活の基礎として流入と 流出、増減を繰り返す物事を象徴します。
激しい流血は基本的に吉兆になる傾向がありますが、完全に血が抜けてしまった後の ようなイメージだと、大きな損失や不利益を暗示するので要注意です。
血が激しく流れるのは問題解決や厄介ごとの消滅、または開運を暗示。血を飲んでいるのは、思いがけない事態の好転や運気の上昇をあらわします。
刃物や凶器で殺され(あるいは殺し)血にまみれたり、血溜りを見たりするのは手術を暗示する実例が多いのですが、このような激しい状況の場合は成功や幸運を暗示していますので、不吉な印象の夢だからといってけっして慌てないでください。
むしろ、殺されなかったり、血が出なかったりする状況は、失敗や現状より悪くなることを暗示します。

いいんだね!(・∀・)
殺されてもないし、血が抜けきった感もないし、凶器や刃物も出てこなかったから、うん!こりゃいい兆候!
みんな鼻血の夢見るといいらしいよー!
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

2011年3月 1日 (火)

おめざ

普段、朝ご飯にホットミルクにインスタントコーヒーを溶かしたのを飲んだら、お昼まで何も口にしないんだけど、今朝はおなかがグルグルとやかましいので、会社に着いてからおめざをいただきました。
昨日で契約終了を迎えるNちゃんが
「お世話になりました」
って挨拶に来てくださったのね。
その時にいただいたお菓子がこちら。

Dsc_0018

韓国伝統胡桃菓子

韓国のお菓子って、どれもたいてい美味しいです。
私は口に合います。
で、このお菓子はね、人形焼の中にローストした香ばしいクルミが入ってる、という感じのもの。
とても美味しくて、ほうじ茶とあう~
朝の甘い物って、なんて美味しいんでしょう
Nちゃん、どうもありがとうございました。
またどこかで会いましょう

憧れの鳥貴族へ!

なんとなく気になっていた鳥貴族に初めて行ってきました。

Dsc_0016

ななななーんと
全品280円となっ
焼き鳥もおつまみも、ぜーんぶ280円
で、福岡の焼き鳥屋みたいなキャベツもメニューにありまして、ここはやっぱり280円なんだけど、お代わり自由なの
焼き鳥も2本で280円なので、安い安いと、ナンコツ、ハツ、レバ、胸肉、モモ肉、と頼みました。
出てきてビックリ




Dsc_0017

大きいっ!!!
すごいボリューミー!!!


キャベツ食べつつ、温かいうちに、とモリモリ焼き鳥をいただきました。
ビール飲むのも忘れるぐらいのピッチw
でね、タレも塩も美味しかった中、ハツがガーリック味でものすごくジャンキーな味なんだけど、これがまたキャベツと合って美味しいんです。
で、散々いただいてのお会計が3,700円ぐらい
すばらしい・・・。
すばらしすぎる・・・鳥貴族・・・
おなかいっぱいになって、ちょっとお喋りしてたら、隣の席にやってきた女子2名が面白い事に。。。

まず入ってきて、二人とも甘いサワーみたいのを注文。
間もなくキャベツが来て・・・

そのまま・・・

その後、何も来ず・・・

で、かなり時間を置いて釜飯登場。

「30分ほどで炊き上がりますので、それまでお待ちください」

とお店の方が言う。。。
え・・・?
お嬢さんら、キャベツと釜飯で終了?

お嬢さんたちの伝票が見えました。
現在1,470円。
お一人様700円ちょっと。
安いっ!安いよねっ!
これ、お夕飯ならイケるよねっ!
鳥食べなくてもいいんだもんね!
釜飯に鳥、入ってるしね!

鳥貴族は、焼き鳥以外も美味しいですよ。

と、ちょっと宣伝しておこうかな
すごいなぁ、鳥貴族。
また行きましょう

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »