2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ニューストピックス

100万人のキャンドルナイト

無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

だんだん支度が出来ました

2018年もだんだん終わりに近づいています。
私は相変わらずお出汁を取り、がめ煮をこしらえ、菊花かぶと紅白なますを漬けています。

バイトをしていた時の社員の女の子に、小さなおせちをこしらえました。

15462321091390

群馬で育った20歳の彼女は、おせちを食べたことがない、と言いました。
お母様と2人暮らしで、お忙しかったそうです。
では、私ので悪いけど、ちょっとだけおせち気分を味わってください
も少ししたら彼女の出勤時間だそうですから、持って行ってきます♪

2018年12月28日 (金)

散歩

御用納めの今日、特にコレといった仕事もないので法務局へ行ってきました。
何!?この寒さ!!!
北風びゅーびゅーです。

帰り、電車だとややこしいので
「そうだ、歩いてみましょう」
と木枯らしの吹く中をトコトコ歩き出しました。

寒い・・・

すげー寒い・・・
ぱねー・・・
でもね、歩き出したら会社まで戻る間の交通機関がややこしくなりまして、もう歩くかタクシーしかないわけです。
きっとタクシー代くれるとは思いますが、

「もう歩けない・・・」

と寒さに足腰がガチガチにこわばった頃は、会社まで数100メートル。
タクシー乗るのも悪いような距離。

というわけで、歩き通してみました。
2.5Km。
寒かった・・・

Pak75_zoukibayashi20140102150426_tp

幸せは自分の中に

テレビを見ていたら、IT社長と結婚した女性がズラリと並んでいました。
IT社長と結婚する秘訣、みたいな事をお喋りしていました。

ブランドのバッグを買ってもらえる。
港区のタワーマンションに住める。
家事代行を頼んでいるので家事はしません。

などなど。

それって幸せ?
与えてもらってるだけで幸せ?
ブランドのバッグってしあわせ?

私には分かりませんでした。

私は、ブランドのバッグはいりません。
たぶん、似合わないでしょう。
私が丁寧にこしらえた食事を、
「美味しいね」
と食べてくださったら、私は幸せです。
小さなお家で、こじんまりした生活でも、溢れ出る幸せがあります。
小さなお家の窓から見える素晴らしい景色は、私は大好きです。

ブランドのバッグも、タワーマンションも、私には面白くなさそうです。

細い糸を、切れないように大切に大切に手繰り寄せて、その糸を愛おしむのは、私にはとても幸せです。

2018年12月27日 (木)

ステーキ重

今日が御用納めの企業が多いそうですね。
私は明日までです。

まだ明日もありますが、午前中はオフィス内のお掃除をしました。

週に1度、お掃除の業者さんが入りますが、デスクの上なんかは自分でするので、他の方のデスクも一緒に拭いてしまいましょう

そんなに汚れていませんが、乱雑になっている引き出しもやっちゃいましょう。
(自分のお家も片づければいいのにね・・・

ちょっと早めにランチしてきました。

20181227_113357_2
ステーキ重くまき。

もも肉のステーキがたくさん乗っていて、780円!
お肉は柔らかいけど、噛み応えも楽しめて、甘辛いタレがまた美味しい
玉ねぎのみじん切りに唐辛子や松の実などが入ったピリ辛の薬味をたっぷり乗せて、花椒も振って、もりもりいただきました。
ずっと牛が食べたい、焼き肉が食べたい、ステーキが食べたい、と思っていたので、すっきり解消できました。
安いもんだ。。。

Menu


カウンターだけの席には、女性客もチラホラいたので入りやすかったです。
今月はお弁当がんばったしね♪

2018年12月26日 (水)

お土産いただいたよ

「忘年会って聞いてたのに、突然ディズニーランドに連れて行かれちゃって~
と、お土産にチョコクランチいただきました。

20181225_112408_4


「ディズニーって興味ないんだけどさぁ」
との事ですが、キラキラだった事、思いのほか空いてた事、お土産話はワクワクと嬉しさに満ち溢れていました。
なにより、「彼氏でもないのに、突然連れて行かれた」という点が、大変お気に召されたご様子。

うんうん、クリスマスのディズニーランドはわくわくするよねぇ。
良かったねぇ、うん、良かったねぇ。


ぜんっぜんうらやましくないもん!

2018年12月25日 (火)

釧路へ⑤

Img_20181126_092225_2

朝のオンネトーには誰もいません。
だんだん晴れてゆく空、輝く湖面。
なんて美しい景色でしょうか。

ひんやりした空気も、昨日とは違う色に見える湖も、やはり昨日と同じように夢の中にいる気分です。
ここはまた絶対に訪れたい場所です。

雪道に注意しながら走っていると、鹿の母子に出会いました。

Img_20181126_093132

お食事中のようです。
すぐ脇に車を停めても、知らん顔でお食事しています。
バンビがかわいい!(写真はお尻ばっかりでした

戻る途中、北海道といえばSeicomartに寄らなくちゃ!

Img_20181126_114852

実は往路にも何軒も見ましたが、反対車線にある為、寄ってもらえませんでした
復路もなぜか反対車線のお店ばかりでしたが、やっと見つけて寄ってもらえました。

何か『北海道らしい商品』がないか探しましょう。
Kさんは以前、Seicomartでコーヒーを買ったらチョコレートをもらったんですって。
今回もコーヒーを買いましたが、チョコレートはもらえませんでした
PB商品の『北海道牛乳せんべい』が美味しかったです。
Img_20181126_114857

丸い小さな薄いおせんべい、サクサクと歯ざわりも良く、気に入りました。

さて、向かうは和商市場
ここで勝手丼を食べるんです。
早速ごはんを買って勝手丼の開始です。
お店の方に「これなあに?」と教えていただくのも楽しいです。

Img_20181126_124129

Img_20181126_121849

私は、いくら、つぶ貝、おひょう、はっかく、おひょうのえんがわ、タコ、などのせてもらいました。

Img_20181126_122242

奥のKさんの丼にはしめさばものっています。
好きな物しかのっていない丼なんて、贅沢すぎませんか!?

タコは噛み切れず、しばらく口の中でモゴモゴしましたが、どれも身がギュッと締まった美味しいお刺身ばかりでした。
おなかが許すならおかわりしたかった
腹ごなしに釧路の町を案内してもらいました。

Img_20181126_124610

まず釧路駅。
THE JRの駅!という雰囲気。
昔の博多駅もこんな感じじゃなかったかしらん?
と言ったら、
「国鉄の駅はどこも同じようなもんだ」
と。
なるほど・・・。

幣舞橋(ぬさまいばし)には、四季の像がありました。

Img_20181126_130229

春夏秋冬の女性像が青空にのびやかです。

Img_20181126_130731_2

Img_20181126_130853_2

Img_20181126_131223

Img_20181126_131333

それからMOOという施設に行きました。

Img_20181126_131556

ここでも食事ができるそうです。
さっき、おなかいっぱい海鮮丼食べちゃったもんなぁ。。。
世が世ならねぇ。。。
中には植物園のようなゾーンもありました。
寒い表から、突然暖かい植物園に入ったので、こりゃメガネかけてたら一瞬で曇っただろうな、とコンタクトレンズで安堵しました

和商市場まで戻って、お土産を買いました。
お正月用にカズノコ。
これはもう味がついているそうですから、お正月まで冷凍庫に入れて保管します。
あとはお菓子を買いました。

20181127_111235

これは自分用のROYCEのラムレーズンチョコレート
よそのお土産物屋さんでも同じでしたが、お土産用の箱菓子をバラで売ってるのね。
これ、すごくいい!
試しに1つ買って、美味しかったら箱で買えます。
今回は迷ってる間にTIME UPだったので試せませんでしたが、次回は絶対あれこれ買ってみるつもりです。

TIME UPといえば、なんでマリモを買ってこなかったのか悔やまれます。
育てたかった!!!
小さいころ、いただいたマリモを縁側に吊るしてもらっていましたが、変化が分からず、あまり面白いと思いませんでした。
今なら楽しめそうだったのに。
あー、マリモ買いたかったー。。。

そろそろ空港に向かいながら寄り道しましょう、と、鳥取神社へ行きました。
明治のころ、鳥取の氏族が移住してきて、神社を作ったんだそうです。
裃や農作業の道具、おうちの中のお道具などが展示されていました。
きっと、大変なご苦労をされた事でしょう。

だんだん日が暮れてきました。
が、まだ15時前!!!
北海道は日暮れが早い!!!
そして沈む太陽、大きい!!!

Img_20181126_154600

地元のスーパーマーケットも楽しそうだね、とAEONに寄り道。

Img_20181126_153106

見たことのない地元の品物が楽しそうです。
そいえば「ザンギ」を食べてないね!(食べることばっかり・・・)
と、パックに入ったザンギを買いました。
あとチーズも少し。

Img_20181126_153206

朝食に出た、小さいカップに入った納豆も売っていました。
しそ海苔ダレで美味しかったけど、ここで買うのもややこしいね、と断念。

少し早いですが、空港でのんびりしました。

Img_20181126_161150

窓からは滑走路越しの夕日が見えます。
サッポロビールで乾杯です。

人生2回目の北海道は、感動がたくさんありました。

観光する場所がたくさんある旅も面白いですが、静かにゆっくり出来る今回の旅はまた格別でした。
鶴も見たし、鹿も見たし、ネコはオシッコして行ったし、スパカツや勝手丼も食べたし、盛りだくさんでした。

また、きっと行きたい釧路でした。

Img_20181126_162043

釧路へ①

釧路へ②

釧路へ③

釧路へ④

おしまい

釧路へ④

お夕食の時間までたっぷりあります。
まずはお風呂お風呂!
さっそく部屋着に着替えて温泉へ。
お風呂までの長い廊下には、来館した有名人のサインや、山の写真などが飾られていて、ちょっとしたギャラリーのようです。

脱衣所は、鏡台とベンチと体重計と棚しかないシンプルさ
さっそく湯殿へ行きました。

Img_20181125_151609

湯気がもうもうと立ち込める内湯は、天井が高く、木の湯舟にはドウドウとお湯が注がれていて、情報通りカランもシャワーもありません。
かかり湯を浴びて、そっと湯舟に足を入れると、熱めのお湯。

「このお風呂、好きだ」

露店風呂はぬるめのお湯ですが、腰湯の状態でも冷たい北海道の外気が寒くないほどポカポカになります。

Img_20181125_151622

Kさんが思った以上に私はこのお湯が気に入りました。
結局、滞在中に7回も入りました。
大満喫!

さてお夕食の写真は撮り忘れましたが、ラワンブキという大きなフキの炊いたのがありました。
これがもう美味しくて美味しくて、Kさんの分まで横取りしていただきました。
味付けが好みでした。
豚肉の蒸し物やら、ヒメマス(かな?)が乗ったサラダやら、色々出て大満足。
本当はお部屋でもいただけるようですが、私たちは食堂でいただきました。
食堂の端には、ゴールデンレトリーバーがいました。
ごはんを食べ終えたゴールデンは、毛布をくわえてキューンキューンと何か言っています。
とても人なつこく、撫でると嬉しそうにしていますが、この子、人にはいいけど犬には噛みついたり、車を追いかけて突進したりするそうで、つながれているんですって。

お部屋に戻って、お布団を敷いてテレビを見ている頃、この宿のネコがお部屋を訪ねてきました。
ネコがたくさんいる宿だそうです。

そういえば、さっきお風呂への長い廊下にも黒猫がいました。
お食事中も、食堂に別の子がいたし。

ネコはアレルギーがあるのですが、いるとカワイイと触ってしまいます。
のどをゴロゴロと鳴らしてリラックスするネコを追い出せません。
ネコは敷いたお布団の上にお座りをして、窓の方をジっと見ていました。
「何見てるの?」
しばらくすると、ニャンニャンと何かお話しながら部屋の中をウロウロしていました。

ネコが部屋の外へ行ってから、Kさんが「わっ!」と驚いています。
「どしたの?」
と見ると、さっきネコが座っていたお布団に、大きな黄色い水たまり!!!
そう、ネコ、おしっこしてたんです!
急いでフロントに電話をすると
「申し訳ありません!」
と、お布団を取り換えに来てくださいました。
「ほんとに、あのバカネコ。。。」
とため息をつくおねえさん。
大変ですねぇ

寝る前にまたお風呂に入り、朝は5時になるのを待って一番風呂を楽しみました。
夜からチェックアウト近くまで雪が降っていました。

朝食は、お夕食と同じ食堂でいただきました。

Img_20181126_073716

おみおつけの具には、Kさんのお好きな揚げ玉も入っていました。
揚げ玉の入ったおみおつけは初めてですが、美味しかった。

さて、このお宿には世界最高齢のギネス記録保持者がいらっしゃるそうです。
野中正造さんは、御年113歳だそうです。

Img_20181126_090507

チェックイン時、お尋ねすると
「今、お昼寝してるんですよ」
との事でした。
3食しっかり召し上がって、年金もご自身で管理されているとか。
初めて歯医者にかかったのが80歳だか90歳のころだそうです
生まれた時は日露戦争だそうですから、長い歴史をご覧になったのですね。

チェックアウトする頃には青空に太陽!
またオンネトーを見に行きました。

Img_20181126_092225

つづく

釧路へ①

今年の温寿司

今年も温寿司(ぬくずし)をいただきました。
って、ちょっと前の事なんだけどね

20181129_182119

ほかほかのお重が運ばれてくると、ワクワクします。
蓋を開けるのを、ちょっとだけガマンして蒸らしたら、いよいよOPEN!!!
Kさんと半分コの温寿司。
今年も食べられて嬉しいな

MERRY CHRISTMAS

「平成最後の」という枕詞が何にでも付きますね。
というわけで、平成最後のクリスマス、いかがお過ごしでしょうか。

我が家は、毎年玄関にリースを飾ります。
先日、同じフロアのおばちゃまが
「毎年、あなたのとこのリースを楽しみにしてるのよ。あぁ、クリスマスだなぁ、って」
とおっしゃいました。

ちょっと嬉しかったです。

さて、玄関の内側には、ペーパークラフトのツリー、天使のキャンドルホルダー3人、サンタクロースのオルゴールを飾ります。
今年はそこに、Sちゃんからのクリスマスカードも飾りました。

20181206_192346

全部手作りのカード!
こんなに上手に作れるようになったんだなぁ、大きくなったんだなぁ、と、感慨深いです。
これも大切に保管しましょう。

スカイツリーはクリスマスツリーの色になっています。

20181210_192302

今夜は会社の帰りにケーキを買って帰るつもりです。
さて、どんなケーキを買おうかな♪

2018年12月21日 (金)

鶏塩ラーメン

オフィスの女子とラーメンを食べました。

20181221_120331

しばらくお弁当生活だったので、外食嬉しい

透き通ったおつゆはカツオだしで、すっきり!
ラーメンて美味しいねぇ。
見渡せば、なんと女子率の高いお店なんでしょう。
ランチにラーメン!
いいぞ女子!!!

2018年12月19日 (水)

くるみ割り人形と秘密の王国

公開されたら行こう、と思っていた『くるみ割り人形と秘密の王国』をやっと見てきました。
大好きな日本橋では、もうお昼間の2回上映しかない!
まずいっ!!!
と、上野で見てきました。
Screenshot_20181219203901_home

子どもの頃、確かサンリオ出版だったと思いますが、人形劇の写真絵本を持っていました。
大好きな絵本、いつの間にか無くしてしまいました。

それはさておき、とても映像が美しかった。
ストーリーは、めいっぱい端折るとこは端折ってましたが、いいんです。
どーぞ、どーぞ先へ進めてください、です。
クララ役のマッケンジー・フォイの可憐さ、モーガン・フリーマン、ヘレン・ミレン、夢の中のような映像でした。
ところで、キーラ・ナイトレイ演じるシュガー・プラムが、綿菓子で出来た髪を一口食べちゃうシーンがあったけど、あれ、綿菓子じゃなくてマカロンに見えたのは私だけでしょうか?
あと、クララがエンジンを止めに大水車に向かうシーン、あれ、千と千尋みたいじゃなかった?
キャプテン・フィリップも勇敢だった。
私の持っていた絵本では、くるみ割りさんは王子様になったような記憶が。。。

劇中、ミスティ・コープランドのバレエがたっぷり楽しめました。
すごく美しかった。
このバレリーナを知らなかったけれど、なんてキレイなんだろう!と感動して見ました。

来年の2月には、メリー・ポピンズが帰ってくるそうですよ!
楽しみ♪

2018年12月18日 (火)

志の輔らくご

去年も連れてきていただいた『志の輔らくご』に、今年も連れてきていただきました

Img_20181218_211720

去年の記事

去年はクリスマスの家族のおはなしでした。
今年の今年のおはなしも家族が題材でした。
吉田薬局のお父さんとファクシミリ、クリスマスセールのチラシ、印刷屋の友達、八百屋の友達、色々な人が出てきました。
2つめのおはなしは去年と同じ、コーラス・グループをダブルブッキングさせちゃう公民館の主任と加藤くんのおはなし。
「え?また同じはなし!?」
と思いましたが、このおはなしの最後はそうそう、そうだったね。
ママさんコーラスが登場するんでした。

3年連続の志の輔らくごも今日が最終回だそうです。
ネタバレに、ならない事を祈ります

古典の落語はもちろん大好きですが、志の輔さんの新作ものも面白いです。

帰りはまたバスで新橋まで行って、銀座線で帰りました。
去年と同じ

キラキラの六本木もきれいでした

2018年12月14日 (金)

送別ランチ

前の会社で同期だった、一回り年下の彼女は、今の会社では先輩です。
今日で産休に入ります。
彼女がいたから、この会社に来やすかった、というのもあるぐらい大好きなかわいい人です。
大きなおなかを抱えて、
「やばいの、食欲が止まんないの」
と、モリモリ食べます。
きっと、おなかの中の坊やははらぺこなんでしょうね。
元気な赤ちゃんを産んでね、と、みんなでランチビュッフェに行ってきました。

三越前の日本橋三井タワーにあるヴェンタリオです。

前に⑦chとスイーツビュッフェで来た事があるお店でした。

この三井のビルは、健康診断でも来ていました。
新しいんだけど、昔の三井ビルの面影をあちこちに遺してあるような、素敵な建物です。
その吹き抜けを見上げる位置にあるレストランです。

今日のお料理は、地中海料理がテーマだそうです。
トルコのひよこ豆と胡麻のペーストのフムスや、オリーブオイルとレモンの味付けがさわやかなサラダ、ヨーグルトを使ったサラダなど、珍しいお料理が並んでいました。

Img_20181214_200416

ローストポークには、たっぷりマッシュドポテトを添えていただきました。

Img_20181214_200349

のんびりお喋りしながら食事を楽しんで、
「じゃ、そろそろ戻る?」
と副社長が言ったのは、たっぷり2時間後!!!

ステキなランチタイムでした。

元気な坊やを産んでね。

2018年12月10日 (月)

寒くなりました

先日の釧路の旅の記事がまだ途中ですが、、、
寒くなりましたね。
昨日あたりから、ぐんと気温が下がって
「なんだか冬みたい。。。」
と思いました。

いや、冬だけどさ。。。

急に寒くなると、体が慣れずに異常に寒がります。
体を動かして温まらないとね!

さて、会社の帰りにスーパーマーケットに寄りました。
そこからは隅田川を渡って帰るのですが、とても綺麗な景色を見られました。
15444491983360

リサイズしたので、画像が粗くなりました。
ほんとはもっともーっとキラキラしていて、水面にもキラキラ映っていて、スカイツリーも写っていて、本当にキレイでした。

冬は嫌いだけど、景色がキレイに見えるのは良いね。
と、これ、きっと毎冬言ってるんだろうね。
( ´° ³°`)

2018年12月 7日 (金)

のんびり開始

今度の会社はフルフレックスです。
コアタイム(この時間には全員いてね、という時間)もないので、みんな好きな時間に出社し、それぞれの仕事をして、退社時間もそれぞれです。

共有はないか?と思いきや、突然ミーティングが始まったり、雑談したりお菓子を食べたり、副社長がおミカン買ってきたり、なかなかユニークな会社です。
どうやら私はここで、皆さんのアシスタントをしつつ、事務を固める、というミッションを課せられているようです。
よし!楽しむぞ!

Sweets_shortcake

2018年12月 3日 (月)

こういう人にはなるまいよ

「私ってぇ~、階段落ちるじゃないですかぁ」

知らないよ。。。

知らないついでに教えてあげよう。
この春、階段落ちて弁慶の泣き所を30数針も縫ったこと。

話してやりました。
だから気をつけてね、とお姉さんらしく。
そしたら、

「えー!ってゆーか、私ぃ~、ほんと落ちるの怖くってぇ」

だとさ。
人間の言葉が通じない猿と猿のハーフだな、こいつ。


人のお話は聞きましょう。
なんでも自分の話に持っていくの、やめましょうね。

こういう人にはなるまいよ。

2018年12月 1日 (土)

卒業

今月から新しい仕事に就きます。
長年務めた会社を辞め、転職した会社は超ブラックで2ヶ月で辞めました
知り合いに相談したら、


「12月からうちにおいで。それまで何か面白いことしててね」


と言っていただいて始めた、とある飲食チェーン店での事務のアルバイト。
何か仕事しなきゃ、と始めたバイトでしたが、とても楽しく、素敵な人達と出会えました。
今まで出会わなかった人、出来事、全て新鮮で楽しい5ヶ月でした。

昨日、そのバイトを卒業しました。
最後は送別会までしていただいて、また会おうね!と言っていただきました。

楽しかったです。
ありがとうございました。
20181201_103427


釧路へ③

宿を過ぎて少し山道を行くと、オンネトーという湖があります。
この旅のメインイベントです。

Img_20181125_141339

この湖を見るために北海道へやってきた、と言っても過言ではありません。
雌阿寒岳と阿寒富士が、並んで湖を守るように見えています。
ひっそりと静かな湖です。
足元の水は、とても透明です。

Img_20181125_141405


そして、少し先に目をやると、深くなっているのでしょうか、エメラルドグリーンになります。

Img_20181125_140945


湖から生えているような白い幹の木、対岸の紅葉、空、そっと吹く風。
なにか、夢の中にいるような不思議な感覚になります。
湖面を眺めていると、景色がグンと近寄るような、自分が湖上に吸い込まれるような目の錯覚を覚えます。
錯覚というよりも、夢の中で体が浮いて湖を渡るような、そんな感じがしました。

さて、チェックインの時間には少し早いのですが、宿へ行ってみました。
この旅の宿は、野中温泉です。

Img_20181125_142815


入口に、大きな犬が寝ていました。
少しお耳が遠いようです。
またぐように横を通っても、チラと見ただけで、また寝てしまいました。

お部屋は広い和室でした。
窓からは、宿の前の広場が見えます。

Img_20181125_160142


お隣は、もう閉館している『景福』です。

Img_20181125_160150


Kさんは、そちらがごひいきだったそうです。

つづく

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »