2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

100万人のキャンドルナイト

無料ブログはココログ

« 皆既月食とスーパームーン | トップページ | 橋は下から見るもの »

2021年5月27日 (木)

サラリーマン川柳

今年も発表されました第一生命の『サラリーマン川柳

何気に毎年楽しみにしております。

今年の大賞は、

会社へは 来るなと上司 行けと妻

(なかじ 30代/男性)

だそうです。
リモートワークという働き方が、1つの選択肢となりましたね。
接続するのにすったもんだするお父さんが日本中にいらっしゃいましたが、せっかくリモートワークに慣れたところで奥様からは不評だったんでしょうね。
おめでとうございます。
会社からとご家庭内からの圧に耐えて、これからも上手いことやってください。

TOP10のうち、私のお気に入りは残念ながら上記の作品ではなく、、、


我が部署は 次世代おらず 5爺(ファイブジイ)

(松庵 50代/男性)

でした!!!
パンパカパーン!
おめでとうございます!本6賞です!

って、わが社か・・・(笑)
以前働いていた企業でも、グループ会社にいる知り合いが、

「春になると、また上からジジィが降って来る。うちの担当、5人中4人が部長だよ!?」

と嘆いていたのを思い出しました。
おじい達が元気に働く会社、頼もしいですねぇ。
昭和の高度成長期からずーーーーーっと働いてるんじゃないか!?
という、ね(;'∀')

今後もがんばってください。


逆にワーストがこちら!

じいちゃんに J.Y.PARKの 場所聞かれ

(けぇぽっぷ 40代/女性)

受賞作品にケチ付けて悪いですけど、これはねぇ、、、流行りもん出しときゃウケるだろう、みたいな魂胆が丸出しでよくないですねぇ。
作者さん、K-POPがお好きなようですから、大流行してるJ.Y.PARKさん持ち出したんですね、、、。
これ、70代の男性がお孫さんに「J.Y.PARKってどこ?と聞いたらバカにされた」みたいな作品だったら面白かったかもしれませんね。

というわけで、勝手に総評してみましたが、やはりこの作品にかなうものは今年も出なかったようです。
何年も前の受賞作品ですが、わたくし大変気に入っております。

前向きに 駐車場にも 励まされ

ふふふ、と面白いようだし、ちょっと哀愁すら感じちゃうし、名作です。
来年に期待しましょう。

« 皆既月食とスーパームーン | トップページ | 橋は下から見るもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 皆既月食とスーパームーン | トップページ | 橋は下から見るもの »