2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

100万人のキャンドルナイト

無料ブログはココログ

« オリオン座流星群 | トップページ | パンがなければお菓子を食べればいいじゃない »

2021年10月23日 (土)

※ご注意※ネガティブな記事です

「ちょっとつまづいて転んだだけだから、ゆっくり立ち上がればいいよ」とか、「心の風邪」なんて言われる適応障害。
私の記憶を書き留めておこうと思って、の記事なのでパスしてくださいね。


E1495799-1

思い返すその時の気持ちは、歩いていたら突然落とし穴に落ちて、

「え!?は!?なに!?」


と状況が分からなくて混乱してて、やっと「落とし穴に落ちたらしい」と気付いてから、めちゃくちゃもがいた。
最初はよじ登ろう、脱出しようと頑張って、頑張ったら地上に戻れる!と思ってたんだけど、ある時プツンと突然、もういいや、と目を閉じた。

そのうち、考え出したのが、なんで落とし穴を掘ったのか、私を落そうと掘ったんだろうか、こんな仕打ちを受けるほど私は邪魔な存在だったのだろうか、きっと「ざまあみろ」と笑ってるんだろう、、、もう消えたい、、、。

穴の上からは、がんばってー!と声援が聞こえるんだけど、きっと本心で言ってるんじゃなくて、ざまあみろと思ってるんだろう、とか。
そして、本当に助けたいのなら、声援じゃなくてロープとかハシゴなんだよな、、、とか。

そのうちその声援も遠のいて、目を閉じて耳も塞いでるような感じになって、時々、やっぱちょっと頑張ってみようかな、とよじ登ってみて、やっぱり落ちちゃう。

そのうちに夜になって、光もなくなって、そこに落とし穴があって、人がそこに落ちてる事なんて誰にも分からなくなって、地上では「あの人なんでいないの!?」って文句言われてて、「あー、早く私がいた事なんか忘れてくれないかなぁ」って思って、、、

そんな状況から突然穴の外に出る事になった時には、もう「気力ってなに?」な状態で、ごはん食べてだのフカフカのお布団で休んでだの楽しい事を思い出してだの。
看護(治療や親切)はありがたいけど、「治らなきゃいけないのかな?」「この看護に対して成果を表さないとなのかな?」と疑問しかなかった。

で、今はどうかって言うと、、、

「よし!元に戻りたい!平和になりたい!」
と思った時から環境をガラリと変えて、平和な生活を取り戻したんだけど、時々傷口がバクーーーッと開く事があって、それが怖くて怖くて仕方がない事がある。
言われてもいない誹謗中傷が、まるで事実だったかのようにジャンジャン吹き出してきて、自己嫌悪というか、自分が世の中に大変な迷惑をかけて生きているような気持ちになる。

「いやいや、言われてないってば!そんな事!」
と自分に言い聞かせて、リカバリー出来るようになってきたけど、すごく疲れる。

いつか、こんな事を思ってた事も忘れてしまうと良いな、と思ってる。
お天気の良い土曜日に、ちょっと暗い記事でごめんよ。

« オリオン座流星群 | トップページ | パンがなければお菓子を食べればいいじゃない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリオン座流星群 | トップページ | パンがなければお菓子を食べればいいじゃない »